昔はタロットカード占いとか筮竹をジャラジャラやる占いは嫌いだった

占いは簡単に分類すると、

命占(めいせん)ー 誕生日から占う
相占(そうせん)ー 手相、人相などで占う
卜占(ぼくせん)ー タロット・筮竹など偶然性を利用して占う

があります。

 

※ 筮竹(ぜいちく)
イラストの左の棒

 

以前の私は
(今は考えが変わった)、

卜占は霊感を利用しているように思えて、

なんか嫌で、

関わらないようにしていたのです。

どうしてかというと、

 

卜占で、ヘンな霊と関わることになってしまうんじゃないか?と思ってたし 😈 、

卜占より、自分の頭で考えたほうがいいと思っていました 😉 。

 

タロットカード占いなんてー、
そんなの信じるなんてー、

と・・・・。

 

そんな私の認識が変わることになった出来事

 

ある日、
命占をお願いしに占い師のところに行って

命占をしてもらって、

さらに、

私が頼んでもないのに

日本の神様カード

占いをしてもらいました。

 

それでカードが、

同じのが続けて出るし、

何より、そのカードが、

何かうったえてくるのです!

占い師経由ではなく、カードが私の心にささやいてくる・・・

 

これです
なきさわめのかみ

同じ時期に

別の方に、命占をお願いして、

私が頼んでもないのに

タロットカードしてもらいました。

数か月後、

ああ、占い師さんはこのことを言ってたのかー と気づいた。。。

ほんとこれがきっかけです。


卜占に意味があると、思えたのです。


偶然出た何か(卜占)で占ってもよいと、自分に許可出すきっかけになりました。

シンクロニシティ(偶然性)で生きてきた私なので(前回の記事)、卜占もシンクロだし、根本は同じだなと納得したのでありました。



ブロック解除・ミディアムシップ
チャネリング・西洋手相術など

★対面 6000円~(横浜市・川崎市)
★遠隔ブロック解除 4個4000円

👉詳しくはHPをご覧ください👈

ホームページメニュー料金
TwitterアメブロFacebook

LINEで送る